ここから本文です

Society5.0に向けた学習方法研究校について

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

最終更新日:令和2年(2020)7月13日

次のとおり、Society5.0に向けた学習方法研究校を指定しましたので、お知らせします。

1 目的

ICTを活用して、Society5.0に不可欠な生徒一人一人の資質・能力を最大限伸ばす学習方法を研究・開発し、その成果を都立学校に普及します。

2 指定校(18校)

都立三鷹中等教育学校 都立光丘高等学校 都立向丘高等学校
都立白鷗高等学校・附属中学校 都立三田高等学校 都立美原高等学校
都立西高等学校 都立大泉高等学校・附属中学校 都立南多摩中等教育学校
都立六本木高等学校 都立雪谷高等学校 都立東久留米総合高等学校
都立城南特別支援学校 都立鹿本学園 都立久我山青光学園
都立永福学園 都立八王子東特別支援学校 都立武蔵台学園

3 指定期間

令和2年4月1日から令和4年3月31日まで
 ただし、次の3校については、令和2年4月1日から令和5年3月31日まで

都立六本木高等学校 都立雪谷高等学校 都立東久留米総合高等学校

 4 主な取組内容

  • 1 「課題解決・価値創造」型学習への転換に向けて、ICT機器や学習支援クラウドサービスを活用した、協働学習や探究学習等の学習方法の研究
  • 2 デジタル教科書の活用により可能となる学習方法の研究
  • 3 採点支援システムを活用した採点データの分析による授業改善と効果的な個別学習の研究
  • 4 ICT機器等の活用による校務の効率化についての研究

お問い合わせ

教育庁総務部教育政策課
電話: 03-5320-7475 ファクシミリ: 03-5388-1725
メール  S9000006(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページID 5582

このページの目次

PCサイト表示

表示を元に戻す

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る


ページの
先頭へ