ここから本文です

東京都教育委員会における障害者雇用

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

公開日:令和元年(2019)12月27日

東京都教育委員会における障害者雇用では、障害者一人一人が働きやすい環境を整備するとともに、障害者ご自身の能力や特性に応じて職を選んでいただけるように、就労ステージを複数設けています。

1 障害者雇用の取組

(1)東京都教育委員会の障害者雇用(全体図)

東京都教育委員会の障害者雇用事業(全体図)

 ア 障害者採用選考(3類)の継続的な受入れ

人事委員会が採用した常勤職である障害者採用選考(3類)の合格者を積極的にに配置しております。

イ 教育庁サポートオフィス

平成30年10月から新たに「一般就労」の場である教育庁サポートオフィスを展開し、積極的に採用を行っています。

ウ 東京都教育委員会版チャレンジ雇用

平成24年度から「一般就労に向けて経験を積む」場であるチャレンジ雇用を都立学校及び事業所等で積極的に展開しています。

(2)チャレンジ雇用と教育庁サポートオフィス

教育庁サポートオフィス事業

東京都教育委員会版チャレンジ雇用と教育庁サポートオフィスは互いに連携しています。

ア 障害者ご自身の能力や特性にあった職の選択が可能に

就労に当たっては、職業準備性を身に付けていただくことが大切だと考えております。すぐに就労することに不安な方は、まずはチャレンジ雇用を通じて経験を積んでもらい、その後のステップアップ先として教育庁サポートオフィスへの就労をご検討いただけます。

イ 選考の一部免除

東京都教育委員会版チャレンジ雇用に一定期間在籍した方は、教育庁サポートオフィスの選考を一部免除するなど連携を強化しております。

ウ 支援内容の引継ぎ

東京都教育委員会版チャレンジ雇用から教育庁サポートオフィスの職員となった方に関しては、チャレンジ雇用での支援内容を引き継ぐことで、採用後も継続的にその方に適した支援体制で業務を行えるよう環境整備をしています。

2 東京都教育委員会版チャレンジ雇用

  • (1)教育事務補助員(障害のある方)
  • (2)障害者雇用支援員(支援者)

3 教育庁サポートオフィス

  • (1)教育事務サポーター(障害のある方)
  • (2)障害者雇用インストラクター(支援者)

 

お問い合わせ

東京都教育委員会版チャレンジ雇用に関すること
東京都教育庁総務部総務課チャレンジ雇用担当
電話 03-5320-7861  ファクシミリ 03-5388-1725
メール S9000003(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

教育庁サポートオフィスに関すること
東京都教育庁総務部総務課教育庁サポートオフィス担当
電話:03-6258-0406 ファクシミリ:03-6258-0410   -
メール  S9000003(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページID 5040

このページの目次

PCサイト表示

表示を元に戻す

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る


ページの
先頭へ