ここから本文です

教育庁サポートオフィス(Palette)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

最終更新日:令和2年(2020)7月2日

 パレットのロゴ

東京都教育委員会では、障害者の一般就労の場として、障害者に配慮した支援と職場環境を整備した新たな職場「教育庁サポートオフィス」を平成30年10月に開設しました。サポートオフィスでは民間企業における特例子会社のメリットと都教育委員会の強みを、生かしながら運営しています。

目次

1 基本理念

2 職場環境

3 仕事内容(業務内容)

4 雇用対象

5 雇用条件

6 在籍状況

7 採用情報

8 インターンシップ

9 働く職員の声

10 オフィス見学のご案内

11 アクセス

1 基本理念

サポートオフィスは、障害者の視点に立ち、一人一人に配慮した「職場環境」と「支援体制」、「仕事内容」を構築し、ここで働く障害者のもつ能力を最大限に発揮できるような取組を推進しております。障害者が生き生きと活躍し、都教育委員会をサポートすることで、都民サービスの更なる向上を目指します。

●愛称「Palette(パレット)」

働く人たちの多様な個性や特性=「色」が混ざり合い、新たな可能性を生み出す「場所」にするという想いから愛称を「パレット」と名付けました。

ビジョン

■多様性:個性や特性を大切にし、強みを生かす。

■成長・調和:自主性・主体性を尊重し、協働する。

■貢献:教育庁にとってかけがえのない存在となる。

2 職場環境

教育庁サポートオフィスでは障害に配慮した職場環境づくりを目指しています。

オフィス環境

オフィス環境オフィスは静かなBGMが流れ、清潔で落ち着いた雰囲気です。

 

休憩コーナー

職場環境昼食の時間や教育事務サポーター同士の交流の場として利用されています。

 

27階オフィスからの眺め

職場環境

 

東京都庁本庁舎をはじめ、新宿副都心の中心で働くことが、社会人としての自覚や自信につながってもらいたいと考えております。

働きやすさへの取組

  • 基本的にオフィス内に段差なし。
  • 通路は車いすの方でも安心して通行できるよう広めの通路を確保
  • 執務室内は全てスライドドア
  • いつでも相談できるよう複数の面談室を完備
  • 男女別の更衣室には横になれるような仮眠スペースを用意
  • ビルの1階及び4階には多目的トイレの設置あり。

3 仕事内容(業務内容)

教育事務サポーター

教育事務サポーターは教育庁各部から様々な業務を受注しております。
  オフィス内での業務のほか、サポーターのスキルや特性に応じて、都庁内での教育庁職員との協働も積極的に行っています。

 ●PC入力作業

  • ⑴ 報酬関係資料作成
  •  毎月、職員の報酬関係資料を作成し、責任感の高い仕事を行います。
仕事内容

 

  • ⑵ 会議録音声文字起こし
  •  会議や説明会などの音声記録を聞き取って資料化し、職員の仕事へ役立てます。
業務内容

 

●印刷・製本

説明会で使用する資料の印刷、また、報告書や冊子など、これまで業者に依頼していた製本の一部を内製しています。

業務内容製本機で表紙を糊(のり)付けしている様子

 

業務内容断裁機で余白を断裁し、体裁を整えます。

 

●出張業務

自立が進んだサポーターについては、東京都庁本庁舎に教育事務サポーターだけで出張して業務を行ったり、教育庁職員の直接指示の下での業務も遂行します。

⑴ 複合機の給紙作業

業務内容毎日2回、複合機の用紙を補充し、職員が円滑に業務できる環境を整えています。

 

⑵ 社内便(交換便)の仕分け

業務内容各部署宛てに送付する文書を仕分け、整理しています。

 

⑶ データ入力(都庁舎)

業務内容専用のシステムを使用し、職員の直接指示の下でデータ入力を行っています。

 

障害者雇用インストラクター

教育事務サポーターの障害特性を踏まえ、業務管理、業務等の構造化、補助具の提供、相談及び評価など、業務遂行や職場適応、スキル向上、自己理解のための直接支援等を行います。インストラクターは、有資格者、特別支援学校教諭経験者又は障害者支援経験者などが担っています。
 また、イントラの連携、助言等を担う主任も配置しています。

業務内容

 

  • ホワイトボードに一日のスケジュールを見える化し、丁寧に説明をしています。
  • 受注した業務を工程別に細分化し、マニュアルを用意するなどにより、分かりやすく説明します。
  • 定期的に面談を行い、教育事務サポーターの悩みや相談にも対応します。

4 雇用対象

教育事務サポーター

 知的障害、精神障害若しくは身体障害のいずれか又は複数の障害を有するもののうち、次の条件を全て満たす者を対象とします。
 なお、採用後の円滑な職場定着を図るため、応募者は就労支援機関への登録をお願いします。

  • (1)職業準備性を有し、安定して勤務できること。
  • (2)職員の指示に従い、意欲と向上心を持って職務に取り組むことができること。
  • (3)基本的なパソコンスキル(ワード、エクセル等)を有し、一定の自立の下、求める職務を行う能力を有すること。

障害者雇用インストラクター

障害者支援に有用な資格又は経験があり、以下の(1)から(3)までの全てに該当する者

  • (1)教育事務サポーターの障害特性に応じた業務支援及び助言、ツール等の作成、業務管理、履行確認等を適時・適切に行う知識、能力、協調性を有すること。
  • (2)ワード・エクセル等を使用したデータ入力・資料作成作業ができること。
  • (3)心身ともに健康で、障害者支援に意欲があり、職員等と円滑なコミュニケーションが図れること。

5 雇用条件

教育事務サポーター

項目 内容
勤務形態 【週30時間勤務】
(1) 週5日 10時00分から17時00分まで(うち休憩時間60分)
(2) 週4日 9時15分から17時45分まで(うち休憩時間60分)
【週35時間勤務】
(3) 週5日 9時45分から17時45分まで(うち休憩時間60分)
※ 勤務形態及び[2]の場合の休務日については、本人の希望及び状況等を踏まえて所属長が決定します。
休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
休暇等 【有給】
年次有給休暇(1年目:10日(採用月によって異なります。)2年目:11日、3年目:12日、4年目:14日、5年目16日)、慶弔休暇、夏季休暇、公民権行使等休暇
※東京都における他の職に引き続いて採用となる場合には、規定に基づき、前職の年次有給休暇を繰り越すことが可能です。
【無給】
妊娠出産休暇、介護休暇、看護休暇、育児休業(1年以上勤務した後)ほか
報酬額 ア 第一種報酬(令和元年度の額)
【週30時間勤務】
 月額125,000円程度([1]6,300円/日、[2]7,800円/日を基礎額として算出します。)
【週35時間勤務】
 月額150,000円程度([3]7,300円/日を基礎額として算出します。)
 ※ 別途6月と12月に期末手当(ボーナス)を支給します。
イ 第二種報酬
 規定に基づき、通勤に係る実費相当分を支給します。
ウ 支給日
 原則として、毎月15日
エ 旅費
 公務により出張した場合には、規定により支給します。
社会保険 健康保険(全国健康保険協会)、厚生年金保険及び雇用保険を適用します(一部自己負担あり。)。
健康診断 常勤職員に準じて実施します。
公務災害補償 「東京都非常勤職員の公務災害補償等に関する条例」又は「労働災害者補償保険法」の定めるところによります。
福利厚生 常勤職員に準じます。
実施体制 原則として、教育事務サポーターおおむね5名につき、支援者として障害者雇用インストラクター1名を配置します。

障害者雇用インストラクター

項目 内容
勤務形態 ア 勤務日数
 原則として月16日勤務
イ 勤務時間
 原則として9時から17時45分まで(うち休憩時間60分)
休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
休暇等 【有給】
年次有給休暇(1年目:10日(採用月によって異なります。)2年目:11日、3年目:12日、4年目:14日、5年目16日)、慶弔休暇、夏季休暇、公民権行使等休暇
※東京都における他の職に引き続いて採用となる場合には、規定に基づき、前職の年次有給休暇を繰り越すことが可能です。
【無給】
妊娠出産休暇、介護休暇、看護休暇、育児休業(1年以上勤務した後)ほか
報酬額 ア 第一種報酬(令和元年度の額)
 月額194,400円
 ※ 別途6月と12月に期末手当(ボーナス)を支給します。
イ 第二種報酬
 通勤費相当分として、常勤職員に準じて支給します。
ウ 支給日
 原則として、毎月15日
エ 旅費
 公務により出張した場合には、規定により支給します。
社会保険 健康保険(全国健康保険協会)、厚生年金保険及び雇用保険を適用します(一部自己負担あり。)。
健康診断 常勤職員に準じて実施します。
公務災害補償 「東京都非常勤職員の公務災害補償等に関する条例」又は「労働災害者補償保険法」の定めるところによります。
福利厚生 常勤職員に準じます。
実施体制  原則として教育事務サポーター5名につき、障害者雇用インストラクター1名を配置します。
 また、障害者雇用インストラクター6名につき、障害者雇用インストラクター(主任)1名を配置します。障害者インストラクターは主任の助言等を受けながら教育事務サポーターを支援します。

6 在籍状況

教育事務サポーター

令和元年12月1日現在 50名

障害者雇用インストラクター

令和元年12月1日現在 13名(うち主任1名)

7 採用情報

令和2年度教育事務サポーター採用情報

令和2年度障害者雇用インストラクター採用情報

8 インターンシップ 

教育庁サポートオフィスでは、高等学校及び特別支援学校高等部の生徒を対象としたインターンシップを受け入れており、職業教育及び就労経験の機会を提供しております。

インターンシップを通じて、働くことの意味や大変さを理解し、自分に合った職場について考える機会はとても大切だと考えています。

応募を検討されている方はインターンシップの積極的なご参加をお願いいたします。
 なお、インターンシップの具体的な時期や申込方法については下記問合せから担当までご連絡ください。

9 働く職員の声

 教育事務サポーター

働く職員の声

 

Q パレットの職場環境や雰囲気について教えてください。
A 雰囲気はとても明るく、皆さん話しやすいので一緒にいて楽しいです。職場内にBGMが流れているので、落ち着いて作業できます。

Q サポーターを目指している人に一言
A パレットでは、PCデータ入力から製本まで幅広い業務に携わることができるので、ステップアップを図りたい方には是非お勧めしたい職場です。一緒に働きましょう。

職員の声

 

Q なぜサポーターになろうと思いましたか。
 A これまで働いていた教育庁チャレンジ雇用の経験を生かしつつ、テープ起こしや製本など新たな業務を身
 に付けたいと思ったことがきっかけです。

 Q パレットで自分自身が成長したことはありますか。
 A これまで苦手としていた他の人とのコミュニケーションや交流が円滑になったこと、また、責任感を持ち
 ながら仕事に取り組めていることです。

職員の声

 

Q インストラクターの存在についてどう思いますか。
A 業務のことだけでなく、体調管理や職場での人間関係についても相談しています。失敗しても優しくサポートしてくれます。私が仕事を続けられているのはインストラクターの存在が大きいです。

Q サポーターを目指している人に一言
A パレットは様々な障害や特技を持つサポーターの能力を最大限に生かせるように配慮が行き届いています。サポーターを目指している方に自信をもってこの職場をお勧めします。

職員の声

 

Q 最近の仕事のやりがいについて教えてください。
A 期限を守って作業できた時や、本庁舎へ納品に行った時に職員から「助かります。」と言われたときが嬉しいです。

Q パレットで勤務して自分自身が成長したことはありますか。
A 仕事が理解できるようになったことや、重たいものを力強く運べるようになったことです。

障害者雇用インストラクター 

職員の声

 

Q サポーターにはどのような支援・配慮をしていますか
A 仕事の進め方を指示するのではなく、自発的にサポーター自らが、考えて実行できるようになってもらえることを目指しています。そのため、今の仕事がどんなことにつながるのかを説明し、順次ステップアップできるよう順を追って支援しています。

Q 職場の環境や雰囲気について教えてください。
A インストラクターとサポーターが協働しやすい雰囲気に満ちています。仕事に対しては期限と正確さを求る厳しさと誤りを繰り返さないためにどうするかを考えることで、サポーター一人一人の成長を促そうとする職場だと思います。

職員の声

 

Q サポーターにはどのような支援・配慮をしていますか
A 仕事の進め方を指示するのではなく、自発的にサポーター自らが、考えて実行できるようになってもらえることを目指しています。そのため、今の仕事がどんなことにつながるのかを説明し、順次ステップアップできるよう順を追って支援しています。

Q 職場の環境や雰囲気について教えてください。
A インストラクターとサポーターが協働しやすい雰囲気に満ちています。仕事に対しては期限と正確さを求める厳しさと誤りを繰り返さないためにどうするかを考えることで、サポーター一人一人の成長を促そうとする職場だと思います。

10 オフィス見学のご案内

応募を検討されている方や官公庁の方々など、随時ご案内しております。
 見学をご希望される方は、下記問合せから担当までご連絡ください。

11 アクセス

  • 〒163-0827
  • 東京都新宿区西新宿二丁目4番1号新宿NSビル27階北側
  • 教育庁サポートオフィス[パレット]
  • ■JR新宿駅 徒歩7分
  • ■都営地下鉄大江戸線 都庁前駅 徒歩3分
  • ■京王新線新宿駅 徒歩6分

地図

お問い合わせ

東京都教育庁総務部総務課(教育庁サポートオフィス)
電話 03-6258-0406  ファクシミリ 03-6258-0410
メール S9000003(at)section.metro.tokyo.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

ページID 5042

このページの目次

PCサイト表示

表示を元に戻す

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る


ページの
先頭へ