ここから本文です

パワー・ハラスメント相談受付(都内公立学校に勤務する教職員専用)

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

最終更新日:令和4年(2022)8月31日

東京都教育委員会では、都内公立学校に勤務する教職員のみなさまのパワー・ハラスメント相談を受け付けております。受け付けた相談は、所管の学校経営支援センター(都立学校の場合)又は各区市町村教育委員会(区市町村立学校の場合)にお伝えいたします。都内公立学校に勤務する教職員以外の都職員は対象外です。その他各種お問合せは下記窓口に御連絡ください。 

  • ※ 東京都教育委員会及び教育庁(事務局)に対する都民のみなさまの提言や苦情・要望につきましては、「あなたの声をお寄せください」を御覧ください。
  • ※ 都庁各局のお問合せ窓口は、「都民の声窓口外部サイト別窓」御覧ください。
  • ※ 私立幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、専修学校、各種学校についてのお問合せ窓口は、東京都生活文化スポーツ局外部サイト別窓を御覧ください。
  • ※ 東京都立大学、東京都立産業技術大学院大学、東京都立産業技術高等専門学校についてのお問合せ窓口は、東京都公立大学法人外部サイト別窓を御覧ください。

パワー・ハラスメント相談の入力画面はこちらへ外部サイト別窓

(注意1)WebブラウザでRefererリクエストヘッダを送信しないように設定していると、フォームメールが正しく動作しない可能性があります。

(注意2)御意見・御要望入力画面は、一部ブラウザのバージョンによっては利用できない場合があります。

パワー・ハラスメント第三者相談窓口

東京都教育委員会では、パワー・ハラスメントに関する相談を受け付けるための第三者相談窓口を設置しております。第三者相談窓口では、弁護士が相談員としてパワー・ハラスメントの相談を電話で受け付けています。
第三者相談窓口におけるパワー・ハラスメント相談専用ダイヤルPDF [364.4KB]

【外部弁護士へ相談する際の注意事項】

  • ○ 電話相談は、30分以内を想定しています。終了時間間際の相談は控えてください。
  • ○ 通話料金は、相談者の負担となります。
  • ○ 勤務時間中に相談する場合、服務上必要な手続きをするようにしてください。
  • ○ 匿名での相談も可能ですが、具体的な調査等を希望する場合は、氏名・所属等を伝えてください。
  • ○ 担当弁護士は、調査への介入や相談者の代理人になることはできません。法的対応の相談は可能です。
  • ○ 他の相談に対応中など、電話をかけても繋がらない場合があります。しばらく時間が経ってからおかけ直しください(担当弁護士から折り返しの電話をすることはありません)。
Get Adobe Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページより無料でダウンロードすることができます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードページへ(新しいウィンドウが開きます)
ページID 6711

このページの目次

PCサイト表示

表示を元に戻す

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る


ページの
先頭へ