ここから本文です

児童・生徒を教職員等による性暴力から守るための第三者相談窓口

  • Facebookでシェアする
  • LINEで送る

最終更新日:令和4年(2022)4月28日

性暴力ってどんなこと?
    

電話による相談(連絡先はこちら)PDF [458.7KB]

メールによる相談

k.tsuho-soudan(at)section.metro.tokyo.jp

※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
 お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。 

児童・生徒を教職員等による性暴力から守るための第三者相談窓口

東京都教育委員会では、教職員等による児童・生徒への性暴力等(※)を早期に発見するため、児童生徒性暴力に関する通報及び相談を受け付けるための第三者相談窓口を設置しております。第三者相談窓口では、弁護士が相談員として性暴力被害の相談を電話やメールで受け付けています。
※「性暴力等」とは
 刑事罰の対象とならない行為も含み、児童生徒等の同意や暴行・脅迫の有無も問いません。

電話による相談

第三者相談窓口相談専用ダイヤルPDF [458.7KB]

【電話相談する際の注意事項】

  • 電話相談は、30分程度を想定しています。
  • 通話料金は、相談者の負担となります。
  • 匿名での相談も可能です。
  • 担当弁護士は、相談者の代理人になることはできません。法的対応の相談は可能です。
  • 他の相談に対応中など、電話をかけても繋がらない場合があります。しばらく時間が経ってからおかけ直しください。担当弁護士から折り返しの電話をすることはありません。
  • 身体や命に危険があると判断した時など、緊急の場合には、警察などの関係機関に連絡して、相談内容を含む個人情報を共有する場合があります。
電話による相談

メールによる相談

第三者相談窓口メールアドレス:k.tsuho-soudan(at)section.metro.tokyo.jp

  • ※ 迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

【メール相談する際の注意事項】

  • 匿名での相談も可能です。
  • 具体的な調査を希望する場合は、氏名、学校名、教職員の氏名や被害の状況等を伝えてください。
  • 担当弁護士は、相談者の代理人になることはできません。法的対応の相談は可能です。
  • 特定のメールの到達確認、内容等に関する電話等でのお問い合わせには、個人情報保護の観点からお答えできません。また、担当弁護士が返信することはありません。
  • 身体や命に危険があると判断した時など、緊急の場合には、警察などの関係機関に連絡して、相談内容を含む個人情報を共有する場合があります。
メールによる相談

その他の相談

いじめや不登校等の学校生活における不安や悩みはこちらの相談機関PDF [289.7KB]に御相談ください。

 

Get Adobe Acrobat Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reader DCが必要です。Adobe社のホームページより無料でダウンロードすることができます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードページへ(新しいウィンドウが開きます)
ページID 7318

このページの目次

PCサイト表示

表示を元に戻す

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る


ページの
先頭へ