教員免許に関する手続きは原則として郵送でお願いします。手続きに必要な書類は、最新の情報を各種申請方法のページにて御確認ください。
 また、お問い合わせはメールでお願いいたします。
 メールアドレス  S9000017(at)section.metro.tokyo.jp
 お手数ですが、メール送信の際は(at)を@に置き換えてご利用ください。
 なお、多くの方からいただくご質問はこちらに掲載しています。お問合せの前に御確認ください。

お知らせ

○令和4年5月の改正教育職員免許法の成立により、令和4年7月1日から教員免許更新制は解消されます。令和4年7月1日以降の教員免許状の取扱いについては、文部科学省ホームページ(PDF:568 KB)を御確認ください。
 なお、令和4年6月30日までは現行法令が適用されます。現在、お持ちの免許状が失効又は休眠状態の方で、6月末までに有効な免許状が必要である場合は、「失効かな?」と思ったら から必要なお手続きを御確認ください。
 また、期限通りに更新をせずに失効した免許状は、更新制度が解消された場合でも、自動的に復活することはありません。免許状が期限切れ失効した方が教員として勤務するためには、勤務を開始する前に再授与(免許状の取り直し)を御申請いただく必要があります。

〇東京都教育委員会ホームページのトップに、チャットボットを設置しました。申請方法について御不明な点がございましたら、チャットボットを御活用ください。
○お持ちの教員免許状の区分や期限を確認したい方は、文部科学省有効期間確認ツール(PDF:1.42MB)を御活用ください。

保育士の方で、幼稚園教諭免許状を申請される方特例制度の期間が延長されました!(令和6年度末まで)

よくある手続きについてはこちら

更新講習終了後の申請、有効期限の延長・免除申請を行いたい。
更新関係手続方法
免許状を紛失してしまった。代わりになる証明書がほしい。
授与証明書の申請
結婚し、氏名や本籍地が変わった。免許状の記載内容を書き換えたい。
免許状の書換え

教員免許案内 PICK UP

  • 随時掲載予定です。