普通免許の申請方法 ―免許取得の根拠法令から探す―

教員免許の取得方法は、法令により、様々な方法が定められています。
 御自身の免許取得の根拠法令を確認し、該当の案内ページから所要資格・必要書類を御確認ください。


なお、教員免許案内ホームページで御案内するのは、東京都内にお住まいの方又は東京都内の学校に教員として勤務する方の教育職員免許状の申請方法です。
 都外にお住まいの方又は都外の学校に教員として勤務する方は、お住まい又は勤務する学校の所在する道府県教育委員会へお尋ねください。

根拠法令がわからない場合

御自身の申請方法が不明である場合、「教員免許の申請方法判定ガイド 」により、該当する可能性の高い申請方法を確認することができます。
 なお、御自身の状況によっては、手続きガイドで御案内した申請方法が、実際の申請方法とは異なる場合がありますので、あらかじめ御了承ください。
 申請方法を正確に確認したい場合は、単位を修得した大学等に御確認ください。


根拠法令がわかっている場合

以下から御自身の教員免許取得の根拠法令を選んでください。

  1. 別表第1(教諭)、別表第2(養護教諭)、別表第2の2(栄養教諭)による申請
    学位等の基礎資格取得と、指導法や教育実習等の所定の単位を修得することで、免許状を取得する。

  2. 別表第2のロによる申請
    保健師免許を基礎資格として養護教諭2種免許状を取得する

  3. 教員、栄養士又は保育士としての実務経験を活かして少ない単位で免許状を取得する方法
  4. 別表第4による申請 (他教科)
    中学校・高等学校の教員免許を所持する者が、他教科の中学校・高等学校の教員免許を取得する。

  5. 免許法第5条の2第3項による申請 (領域追加申請)
    既に所持する特別支援学校教諭免許状に新たな領域を追加する申請

  6. 免許法16条による申請 (教員資格認定試験)
    文部科学省が実施する教員資格認定試験に合格したことにより教員免許を取得する。